採用情報

採用ホームページ > 健康経営優良法人

健康経営について


大阪府住宅供給公社では、職員とその家族の健康保持・増進を図る様々な取組みを進めています。
これまでの取組みが評価され、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人認定制度」において、健康経営優良法人2021(大規模法人部門)に認定されました。
2020年度に引き続き2回目の認定となります。


初認定時のプレスリリースはコチラ


スマリオ健康経営宣言

                                         

大阪府住宅供給公社は全国健康保険協会大阪支部に健康宣言を行っています。
今後は協会と連携しながら更なる取り組みを行っていきます。
 
大阪府住宅供給公社は経営理念である「笑顔のくらしを!変革し続ける企業」を実現するために職員とその家族の健康管理を経営的な視点から考え、戦略的に健康経営を推進していきます。


各種認定


くるみん認定
「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣よりくるみん認定を受けています。


男女いきいき・元気宣言事業者
「女性の能力活用」や「仕事と家庭の両立支援」など、働く場における男女共同参画に
向けた取組を進める事業者として男女いきいき・元気宣言事業者として登録されています。


スポーツエールカンパニー2021
従業員の健康増進のためにスポーツ活動の促進に積極的に取り組む企業として
スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー2021」として認定を受けています。

もにす認定2021
障害者の雇用の促進及び雇用の安定に関する取組の実施状況などが優良な事業主として
厚生労働大臣より「もにす認定」を受けています。



健康経営の戦略

当公社がこれからもお住まいいただいている方々に「笑顔のくらし」を提供していくには、まず、職員が心身ともに健康で、個性や能力を最大限に発揮できる職場であることが必要です。当公社では健康経営に関する数値目標を設定し、健康経営に取り組んでいます。

         
項目 H30 R1 R2目標
健康診断受診率 100% 100% 100%
パルスサーベイ回答率 90.0%
運動習慣のある職員割合 16.6% 25.9% 30.0%







健康経営推進体制





具体的な取り組み項目(継続中を含む)
1.社内外に向けた情報発信
・健康経営の浸透と、職員の健康意識向上
・ストレスやメンタルヘルスに対する正しい理解の浸透
まちかど保健室、まちの保健室等の健康イベントの実施
 

2.職員とその家族の健康保持・増進
・年2回の定期健康診断、人間ドック・脳ドック助成
・全事業所でのストレスチェック実施
・配偶者健康診断の補助
・子の予防接種時の特別休暇(有休)付与
・インフルエンザ予防接種助成
 令和元年度受診率:35.9%
・月1回のパルスサーベイの実施
・スニーカー通勤の推奨


3.働きやすい職場環境づくり
・ノー残業デー、ノー残業ウィーク、時間外勤務の事前命令徹底
 時間外勤務時間数
 平成29年度:13.2時間
 平成30年度:10.6時間
 令和元年度 :8.7時間
・ゆとり月間(有給休暇取得の促進)、プラスワン休暇(連続休暇取得奨励)の実施
・産業医(内科医)による健康相談窓口の設置
・精神科医によるメンタルヘルス相談窓口の設置
・勤務時間中の喫煙禁止(職場内禁煙)
・ノーネクタイの通年実施


その他データ
正職員離職率 ※定年退職者を除く
平成29年度 0.6%
平成30年度 1.2%
令和元年度  1.2%


メディア掲載情報 
R2.9.7 「労働新聞」掲載
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加