採用情報

職員紹介

採用ホームページ > 職員紹介 > 2016年入社

2016年入社

事務系総合職

2016年入社

ー勤務経歴ー

2016年4月  泉大津管理センター 管理課
2017年4月  住宅管理課 財産活用グループ
2018年4月  施設経営課 活用推進グループ
2020年4月  住宅経営課 募集グループ

ー1日のスケジュールー

ー仕事の内容ー

現在公社のメイン事業は賃貸住宅事業になっていますが、昭和40年代から平成当初にかけては、大規模な開発事業も多数行っていました。私が所属している活用推進グループでは、その中で取得した未利用地として残っている土地の維持管理や、貸付・売却による収益化を主に行っています。中には数億円規模の土地売買の案件もあり、プレッシャーを感じることもありますが、その分やりがいも感じます。
また、不動産鑑定士、土地家屋調査士、司法書士等、今まで関わりのなかった専門性の高い職種の方とお話をする機会も多く、良い経験をしていると感じています。

ー入社の動機ー

地元である大阪で働きたいと思い、大阪に本社があり、尚且つ転勤のない企業を探していました。また、「人生で1番長くいる場所=家」だと思い、住宅関係の会社を中心に就職活動を行っていました。その中で、大阪府住宅供給公社と出会い、説明会や面接でジョブローテーションを積極的に採用していることを知り、色々な住宅事業に関われるのが魅力だと感じ入社を決めました。

ー今後の目標ー

マンション管理士や宅地建物取引士等、不動産関係の資格の取得に力を入れたいと考えています。
また、入社から現在に至るまで管理部門の仕事をしてきているので、今後は企画的な仕事に携わってみたいです。

ー休日の過ごし方ー

今は筋トレにはまっています。土日はもちろん、水曜日はノー残業デーなので、仕事帰りにもジムに通っています。定時に帰ることができ、土日もしっかり休めることもあり、趣味に没頭できる環境があることをうれしく思っています。

ー入社してみて感じたことー

入社前から公的団体ということで、いわゆるお役所的な「堅い」イメージがありました。実際に公社特有のルール(公社法など)があり、それに縛られている部分も多く、もどかしさを感じることもありますが、その「堅さ」が一方では信用につながっており、取引等の際に、「公社さんだから安心して任せられる」といった声を多くいただき、このような信用度の高さが民間企業とは違った公社の強みだと感じています。
また、職員も明るく気さくな方が多く、わからないことがあれば何でも相談できる非常に働きやすい環境だなと感じています。

ー学生へのメッセージー

入社後、ジョブローテーションで色々な仕事を経験でき、どの部署にいてもやりがいを見つけられると思いますし、公社は働く人の雰囲気がよく、休暇の取りやすさ、福利厚生の充実など働きやすい環境です。公私ともに充実した環境で一緒に働きませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加